住宅ローン
控除の申請方法

住宅ローン控除の手続き

 

住宅ローン減税というのは、住宅ローンの年末残高に応じて所得税を控除するということなので、手続きや申請は確定申告のときに行います。

住宅ローン控除を申請するためには確定申告は入居した年だけではなく、入居の翌年1月1日からの5年間、確定申告することにより還付ができます。

しかし、5年を過ぎてしまうと還付申告ができなくなってしまいますので、住宅を購入したら翌年には必ず確定申告をして、還付をしましょう。

住宅ローン控除を申請するために確定申告をするのですが、その手続きというのは住んでいる税務署で申請をします。確定申告書にも種類がありますので気をつけましょう。

ちなみに住宅ローン控除を申請するには平成21年から平成25年までの間に居住をした人を対象としているので、誰でも受けられるという訳ではありません。 その定められた期間ないに居住をしたのなかで住宅ローン控除を申請することが可能になっている対象者もいますから、一度、お住まいの市町村に問い合わせをしてみるのも良いかもしれません。

最近では住宅ローン控除を申請をする前に自分で控除の適用の際にいくらぐらいかを試算できるシュミレーションもありますので、気になる方は利用してみるのも良いかもしれません。


 

Copyright (C) 借金ありだと住宅ローン審査通らない? All Rights Reserved