リフォームローン
金利が安い銀行

リフォームローンの金利比較でおすすめの銀行は?

 

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除というものがあります。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームと限度額は条件があり定められています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用可能なリフォームローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が良い金融業者が良い業者とは限らないということです。

金利が安いリフォームローンには借りたいという人が集中しますので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプには2種類あって安い固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで安い固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。まずは金利が安い銀行を探しておけば間違いはありません。

参考:リフォームローンの金利が安い銀行は?金利比較!【固定と変動どっち?】

さらに安い固定金利型には完済するまで一定の金利が継続される長期安い固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する安い固定金利選択型があります。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその原因を分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があった可能性もあります。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

これらのローンをきちんと返済することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン審査の内容について紹介します。

リフォームローン審査の内容は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税は自己申告制なので確定申告を行わなければ適用されません。

アプラスの金利が安いリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系も2種類あり変動金利と安い固定金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、安い固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

借り入れたリフォームローンが余った場合、金融機関に返金しなければいけないなんてことはあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

追加融資が難しい金融機関では、上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

 

リフォームローンの金利が安いのはどこ?

 

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借りやすさや借入限度額、審査内容など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信の加入可否や手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

金利が安いリフォームローンは種類が多いのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコの金利が安いリフォームローンは安い固定金利なのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

返済期間や借入希望額を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録することはないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいので便利な機能をありがたく使っていきましょう!リフォームローンの一体型とは簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査の内容においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォームの業者さんも探さなければいけません。

 


Copyright (C) 借金ありだと住宅ローン審査通らない? All Rights Reserved